上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春休みに入ってるのもあってか、忘れっぽい性格がさらにひどくなってきた。
何かを思い立って、部屋から出た途端何をしようとしたのか思い出せなくなるのはしょっちゅうだけど、
眼鏡の調整をしに眼鏡屋に行って、眼鏡ケースは持ってきたのに眼鏡を忘れてたとか、
学校に行くとき必要だった書類忘れて、家に帰って、挙げ句の果てにはバスの中でまた忘れ物に気付くとか。
そんなひどい物忘れが恐ろしくて、いつも外出するときは忘れ物は無いかと心配。

そしてその影響もあってか、最近ウィリアム・パウンドストーン「ビル・ゲイツの面接試験」が気になる。

名前は就職本みたいだけど、実質的にはレドモンド式面接の問題を取り入れた脳トレの本というシロモノ。

レドモンド式面接とは考える力や応用力を問う、暗記だけでは解けない問題を取り入れた面接の事。
代表的な問題を挙げると、「マンホールの蓋はなぜ丸いのか?」

どうして丸い必要があるのか?
円形以外では駄目なのか?
根本的な事に目を向けるのがコツ。
頭をフル回転させて頑張れ。笑

答え:蓋が穴から落ちないから。
解説:例えばマンホールの蓋を一辺が30cmの正方形したとき、この蓋の対角線の長さは30√2cm。
つまり一辺より対角線の方が長くなるため蓋を斜めにすると蓋は穴に落下してしまう。
この点円形だと直径は同じなので、落ちる心配はない。



解けても解けなくてもコメントして欲しい。笑。


今日の一枚

エレファント デラックス版 エレファント デラックス版
ジョン・ロビンソン (2004/12/03)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


「エレファント」 (R-15)

オレゴン州ポートランド郊外にある、ごくありふれた高校。
カメラはここで過ごす学生達の姿を追う。
学校に送ってくれた父が酒に酔っていることに気がつき、兄に迎えに来るよう電話するジョン。
公園を散歩するパンキッシュなカップルを撮影する写真部員・イーライ。
噂話や母親への愚痴に花を咲かせる3人娘。
アメフトの練習後、恋人と待ち合わせるモテモテのネイサン。
そしていじめられっ子のアレックスは、親友エリックとある荷物を待っていた。


goo 映画


澄み切った秋の空。
残酷なまでに平穏な高校生活。
みんな、明日もまた同じ生活を送るはずだった。

米コロンバイン高校の銃撃事件を題材に、平凡な日々から一変して悲劇になるまでを淡々と描くカンヌW受賞作。

「グッド・ウィル・ハンティング」「小説家を見つけたら」「Gerry」「ラスト・デイズ」
結構色んな話題作を手がけてきてるから、この監督の映画を知ってる人は多い?

映画が好きじゃない人やテレビで騒ぐ話題作が好きな人からしてみれば、「エレファント」は物凄く退屈な映画なんだと思う。
ユニークなのは、同じ場面を各生徒ごとの視点で何度もリピートしているところ。
何か大きな進展があるわけでもなく、ただ生徒たちの日常の一部が淡々とスクリーンに映されていく。

印象的なレモン色のTシャツ、秋の空、秋色に色づき始めた木々に、道の脇で落葉が散る。
映画の題材とは不釣り合いなぐらい風景は最初から最後まで美しい。

そんな映画。

エレファント 予告編
スポンサーサイト
2007.03.27 / 日常生活 /
Secret

TrackBackURL
→http://rollwithit.blog36.fc2.com/tb.php/154-3d38c78b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。