上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・ワイヤリーだろうが、ワイアリーだろうが、この際どうでもいいんだな。

rhys


こういういまいち意味がわからない俳優というのが大好きで、
リス・エヴァンスという俳優さんがたまたまそのドストライクだったというだけで。
別にオジサンだったり、ハゲが好きだったりしているわけではない。
リスがハゲかかってるから好きだとかそんなんじゃない。

もっと深い。痛。

前回も同じ主張をしたら、友達の間で「やっぱハゲとオヤジが好きだろ」と大反響だったので、もう一度主張をしてみる。

私は特筆するほどハゲとオヤジを愛してはいません。

パーカーからヘルメットまで幅広くかぶる、かぶり物キングで幅広い演技をするリスが好きです。
ダイビングスーツを着てコーンフレークを食すという斬新な役をするアナタが好きです。(若干痛

下手したらOasisぐらい語ってきたこの針金男、Rhys Ifans。
例え最近の世間で言うオジサンだったりハゲかけだったりしても、特筆するぐらいそこに萌えてるワケではございません。

そしてそして決定的なBecause!! 

私は竹中直人は愛せても、モト冬樹は好きになれないから。

・・・最初からこう言っておけば良かったのかしら。


今日の一枚

ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディション ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディション
パトリシア・アークェット (2002/10/11)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


「ヒューマン・ネイチュア」(2001年)

12歳の時にホルモン異常で胸毛が生え始め、成長するにつれて毛むくじゃらになってしまったライラ。厳格な両親のもとで異様なまでに厳しい躾を受け、それがトラウマとなってネズミにテーブルマナーを教える研究に没頭するネイサン。ケネディ暗殺にショックを受けて人間世界を捨てた父に、森の中で育てられた野生児パフ。奇妙な3人を中心とした奇想天外なストーリー。

http://unzip.jp/special/humannature/


斬新なストーリーとして知られる「マルコヴィッチの穴」の脚本家と監督が再びコンビを組んで作った一作。
忘れた頃に使うと書いといて、いつ書こうかと自分でも迷ってた今日この頃。
やっとこさ実現です。

ホルモン異常のせいで毛むくじゃらのライラと、ネズミにテーブル作法を教えることに没頭する博士ネイサン。
二人は自分をサルだと信じる野生児パフに出会い、ネズミの変わりに再教育をする研究材料としてパフを保護するが・・・。

大方の筋はこんな感じ。
ブラックユーモアで身勝手な登場人物を皮肉りつつも頭を使わずに楽しめる映画でした。
再教育をするネイサンも、自然に戻そうとするライラも、結局は自分のアイデンティティの為にパフを振り回してるに過ぎないんだよね。
一度野生から引き離してまた自然に帰そうなんて、動物園のライオンを勝手な同情でいきなり自然に返して死なせるのと同じ。
そう簡単にはいきません。

とか何とか語りつつ、ちゃっかりさとアホさ加減で気軽に笑って見られました。

そ・し・て!
この3人以上に何よりツボに入るのがミランダ・オットー演じるフランス育ちを装う生粋のアメリカ人、ガブリエル。
オーストラリア人のミランダ・オットーがフランス訛りで喋って挙げ句の果てにはアメリカ映画でしたなんて脱帽。
・・・複雑すぎて頭が痛いけど最後までチャッカリしていて一番面白いキャラクターです。

でも何が一番ってやっぱりリスなんだよね。笑。
あんな大通りを全裸で闊歩。
ていうか海外では前バリという存在があるのでしょうか。

リース大好きにはごちそうさまな映画でした。

それ以上は語りません。
いいえ、語れません。

でも映画の中でのムーヴィー・ミステイクは見所ですよ。笑。


追記:実は乗りすぎてメインを忘れてました。

ついに今年のGW、ハンニバル・ライジングにてリスが出演でございます。
リスにはとてもトテモTOTEMO来日して欲しい。

そんなささやかな期待を込めて、ハンニバルの新たな情報待ち。
最近(多分)ウェールズ繋がりお歌も歌い始めて、パンフでどんな紹介が出るのかしらと喜んでいたりして。笑。
スポンサーサイト
2007.03.16 / 映画 /
リング0~バースデイ~ / 仲間由紀恵

たまたまギャオで夏のホラー映画特集(?)でやってました。
仲間由紀恵見たさと理由付けする怖い物見たさで見てみたけど、案の定最初の30分で耐えきれず見るのをやめましたorz

だって「階段から這うような音がして・・・」って階段開けたら目と髪がギョロリとか。(←ネタバレ)

ホラーと位置づけして良いかどうか・・・ってレビューが多いから
映画にホラーの要素が少ないって意味かと思ったら、思いっきりホラー要素が。
個人的に不可解な物体が出た時点でホラーだと位置づけしてますが、みんなどういうライン引いてるんだろう?

でも考えてみればそんなホラー知れてるもんなんだろうけどね・・・。
いやしかし貞子の母親、志津子が一番ノーマルな顔のくせに貞子より怖かったわ。。
あの怪しいオーラは一体なんなんだろう・・・?
この疑問で精一杯なのでもうあえて他の事にはツッコミしません。はい。

さて、「リング0」でショックを受けた私はその後同じくギャオでやってたフランス映画、
「いつか、きっと」という自分探しロードムーヴィーを見ていました。

いつか、きっと / イザベル・ユペール
ストーリー:『8人の女たち』のイザベル・ユベール主演、南仏の美しい風景の中を旅する母と娘の交流を描いた人間ドラマ。14歳の娘を持つシルヴィアは、娼婦として自堕落な生活をしていた。ところがある日、娘が娼婦の元締めを殺害。ふたりは逃亡生活を強いられる。

リングで受けたショックを和らげようとして心温まる映画を期待したけど、この映画の前にCMでやっていたR15のグロ物「ファイナル・デットコースター」があまりにも心臓に悪い描写が多くて気分は一気に氷点下。

取り合えず心温まる(予定の)映画でそんな映画の宣伝しないでよとツッコミながらも見続けたけど。

フランス映画はとんとご無沙汰してたんでなんだか字幕に微妙な違和感がありました。(-_-;
展開がのっぺりして長かった事もおしてたし。
ぼけーっと見ながら頭の中で「それで良いのか母親」なんて映画にツッコミしてたし。

でもストーリー、音楽、南仏の風景は良いし、ラスト以外の後半部分は良かった。(何

それでも個人的には星3.9で。
星3以上4未満ていうのが妥当・・・かな?

そんなこんなで書くのも何なんだけど正直こんな感じの映画を期待してたんだよね・・・。

家族のかたち 家族のかたち
ロバート・カーライル (2005/03/25)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る


いや、今後に及んでリスネタで申し訳無いんだけど。
でもロバート・カーライルに演技上手なキャシー・バークとリス・エヴァンスなんてちょっと嬉しい・・・よね?笑。
それに予告編見てるだけでも幸せになるんですよ。笑。
ついでに宣伝しちゃうと「プランケット&マクレーン」でアランカミングと共演してるんですよ!・・・関係無いけど。

でもまたは心温まる映画としてなら「ナビィの恋」辺りを期待してました。(何

挑戦しといて悪いけどもう面倒くさいので纏めて言えばどれも良い映画ばっかりなのです。


話がズレたけど、「リング0」の印象は「いつか、きっと」のおかげで何となく薄らぎましたとさ。笑。



カウント稼ぎに久々、今日の一枚。


プリシラ プリシラ
テレンス・スタンプ (2004/10/22)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

1994年 オーストラリア
監督 : ステファン・エリオット
出演 : テレンス・スタンプ , ヒューゴ・ウィービング , ガイ・ピアース , ビル・ハンター

ストーリー:シドニーからオーストラリア内部の砂漠にあるリゾート地でショーをすることになった
ドラック・クイーンの3人は、「プリシラ」と名付けたおんぼろバスで旅を始める・・・。
底抜けに明るい彼女達(?)が時折見せるゲイへの偏見や悩み。行く先々で出会う人々との別れ。
歌と踊りと笑いと涙を全部ひっくるめて心優しい気分にしてくれる一作。



一見ただのド派手なオカマ映画そうだけど、実は最近のヒューマン・ドラマよりずっとよく出来た作品。
ただ単にゲイではなく1人の人間として感情移入できるお話でした。

バスの上でギンギラギンの衣装の裾をなびかせて優雅に口パクで歌ったりする、超ド派手な衣装も面白いし、
音楽も「愛はかげろうのように」から始まって「恋はサヴァイヴァル」、アバの「ママ・ミア」など必聴な名曲が沢山。
何よりもオーストラリアとあってか場面ごと、特に砂漠の風景が凄かった。。

そんなナイスな演出もあって、俳優陣がキラキラ輝いてます。
ゲイになりきるどころか「彼等」からすっかり綺麗な「彼女達」に見えてくるのが不思議。

歌って踊って喧嘩したり騒いだりヒンシュク買ったりしてて観てるこっちも楽しくなったり。
底抜けに明るくて毒づくけど真剣に悩んでる3人の仕草が女である私以上に女の子らしくて可愛い。

特にラストはもう立派なGirlになってました。

最初から最後まで歌って踊って笑いあり涙ありでなんだかんだ見終わった後は大満足。
「いつか、きっと」とは真反対の湿度低めで元気になれる映画でした。

是非一回は邦画派も洋画派も見て欲しい作品です。
2006.08.22 / 映画 /
DVD借りてきました。

前から気になっていた「ロミー&ミッシェル」と噂(?)の「ヒューマン・ネイチュア」。

記念すべき自分が見るリスの10作目の映画が「ヒューマン・ネイチュア」なんて笑わせてくれるね。
「ノッティングヒルの恋人」の変人リースから始まって10作目は「ヒューマン~」の類人猿リース。

これも何かの縁かしら。(何
結局「ツイン・タウン」も「ハート」も「悪女」も見てないけどね(; ̄∀ ̄)

お子様に見せられない映画っていうヤツだけど、ファンには結構嬉しい・・・嬉しい・・?映画でした。
私が見た中では一番リスの露出度高いんじゃないかなぁ。

「リプレイスメント」でヘルメットとブリーフ一丁で部室(?)を走り回って「ノッティングヒルの恋人」でブリーフ一枚でマスコミの前でピースして・・・ぐらいしか今のところ思いつかないからこの映画でロスの大通りでトランクス振り回しながら全裸で闊歩の「ヒューマン・ネイチュア」がやっぱり一番露出度高いんだよね。

うん・・・まあでもメリハリがあるしキャストも嫌いじゃないしストーリーも斬新だから(ミランダの一人勝ちかよと思ったけど)いっか。
全体的に演技のレベルが高い俳優陣だったし・・・。

これもまた今日の一枚のストック組行き。
また忘れた頃に考えます。


ノリに任せて今日の一枚。

「ロミー&ミッシェル」(「ロミーとミッシェルの場合」)

romy



監督 デヴィッド・マーキン
製作総指揮 バリー・ケンプ、ロビン・シフ
出演 ミラ・ソルヴィノ、リサ・クドロー、アラン・カミング


ストーリー:いじめられっ子だった二人の女性が、高校の同窓会で繰り広げる騒動を描くコメディ。
ロサンゼルスで共同生活をしているロミーとミッシェルは一見華やかだが、実は女性としての魅力も貯金もがけっぷち。高校の同窓会が開かれることを知り、自分たちをいじめた同級生たちをぎゃふんと言わせてやろうと考える。成功したキャリアウーマンと思わせるため、手の込んだウソを皆の前で披露するが・・・



最初で典型的なアメリカB級コメディかよと思ってたけど案外面白かったです。
もともとアラン・カミング目当てで見たんだけど(汗

高校生時代の話なんかも本人が無理に高校生役をやってて、極端に老けさせた人と極端に変わらない人とで少し苦しいところもしばしば。

カミングさんは高校生時代ミッシェルにゾッコンだったダサイ優等生サンディー役を演じてるんだけど、売りの童顔からか高校生時代と10年後の違いが髪型と服装でしかわかりません。
おじいちゃんサンディーと(ファンが言う)整形サンディーはメイクでかなり違うんだけどさ。

そしてお勧めシーンはサンディー(カミングさん)が10年後特殊なゴムを開発して億万長者になって同窓会にヘリで到着し、ロミーとミッシェルとの3人(!)で踊る奇妙なあのダンスシーン。

「Time Aftar time」をバックにあの意味不明なダンスは笑いました。


romy2
eiga


取り合えず無理にバレエをパクったダンスは必見。
それもダンスフロアーで踊りまくるわけだからね・・・。

なんかスカッ笑いたい!な時にお勧めな映画です。
2006.05.04 / DVDで見た映画 / 映画 / 映画 /
最近、課題で「九州文学」についてまとめて調べてました。
てかそんなのすぐ見つかるさと思ってたけど案外難しかったねぇ・・・。

有名な「竜馬がゆく」を調べてみようかと思ったけど、なかなか出てこなくて。
終いには一緒に調べてた友達から太文字で「あとは任せた」というメールまで送られてきました。




・・・さて。(何
「Jの悲劇」見てきました。
ということでプチ感想集に挑戦。

①怖い。
②演技が上手すぎて感情移入しまくり、客観的に見れない。(何
③見てる間展開が気になってずっと息が詰まる。
④最後のリスのオールバックのワンシーンが一番格好いい。
⑤リスはオールバックが格好いいと思った。
⑥ダニエル・クレイグの眼鏡ってブリッチ無し?
⑦イギリスって右ハンドルだっけ?
⑧マンションの入り口に鍵あるの?!
⑨リスが歌う声にヌフフ・・・(危
⑩ていうか絶対あの生徒はゲイだろう。
⑪カメラの型、古い・・・。
⑫よく授業に乗り込んだね、リス。


ということなんだけど。( ̄∀ ̄;

何よりビックリしたのはあのシーン!!
なんか展開でしそうな気がしたけどホントにするとはね・・・。

まさか6代目ジェームズ・ポンドのダニエル・クレイグとリスがキスするとか思わなかったわ。

今まで男女のキスシーンなら見てられたし、別に同性愛でも個人の問題だから別にいいんじゃないの?と思ってたけど・・・。

ちょっと映像で(しかもリスで)みるとショックだったね。

演技なんだけど、カミングさんみたいにソフト(ある意味ハード)なゲイと違って今回は受け止めにくかったorz

ヤク中、ギャング、映画監督、へなちょこ男、変人、野生青年、悪魔、DJ、貴公子、ラグビー選手、切れる悪役、メールボーイ、新聞記者、葬儀屋さん・・・ついに変態同性ストーカー役にまで渡りましたね。

もうここまで来たら細かい事抜くとあとは人殺し(その役も既にヤングハンニバルにて予定)とオカマぐらい?


・・・・これから何やってくれるか楽しみですねー♪



ということでノリついでに今日の一枚。

sukuru



原題 : SCHOOL OF ROCK
監督 : リチャード・リンクレイター
製作 : スティーヴ・ニコライデス , スコット・ルーディン
脚本 : マイク・ホワイト
音楽 : クレイグ・ウェドレン
出演 : ジャック・ブラック , ジョーン・キューザック , サラ・シルヴァーマン , ミランダ・コスグローブ , マイク・ホワイト


ストーリー:本国アメリカの人気コメディアン、ジャック・ブラック主演による痛快ロックコメディ。
バンドの成功を夢見る30歳過ぎの男・デューイ。夢を捨て切れない彼は、ひょんなことから小学校の教員となり生徒と共にバンドを結成することを思いつくのだが…。



「愛しのローズマリー」や「隣のリッチマン」とか見たことある人は結構いる・・・かな?最近の「キング・コング」でジャック・ブラックの知名度が上がりつつあるけど、この「スクール・オブ・ロック」を見てる人は多いはず。


内容はまさにロック馬鹿の教師が子供にロックをさせて、反対をうけながらも何とかコンサートまで踏み切る!っていうベタな話で、なんか「天使にラブソングを2」を思い出す感じ。斬新なのは優等生にロックをやらせる所ぐらいで目新しいワケでもなんだけど、予想以上によくできた映画です。

今まで紹介してきた映画の中では一番家族でわいわい楽しめる・・・というかお子様には見せられないわ!なシーンは一切無いんでゴールデンウィーク中に家族で楽しんで下さい。笑。


これからもう一回「Jの悲劇」みてきますわ・・・。
はははっはは・・・は。

最近妹が嫌なガキに育ってきました。
この前なんか私が録ったビデオを見てミュージカル部分の歌詞を全部覚えちゃったからね、このコ。
しかも覚えた歌がこれですよ。

カワイくしとけば男なんか~金をかけとけば女なんか~おだててぇおだててぇ~巻っき上げろ~♪

・・・はあ。
なんとも現実的な歌なんだけど、こんなのノリノリで歌っちゃう妹ってなぁ。

さて、もうこの際またかよを覚悟で今日もリスネタ。
もういっそのことリスのカテゴリ作ろうか。

あと少しでリスの出演作「Jの悲劇」のDVD発売でもうそれしか考えられてません。
もうクラス替えとかどうでもよくなってるし。( ̄∀ ̄;

「Jの悲劇」はどうもイアン・マキューアン(って自分読んだこと無いけど)の「愛の続き(Enduring Love)」原作があるみたいで、読んだ人の情報によると今回の映画の写真が出てるとか。
アマゾンで調べてもどうも新潮文庫もでてるっぽいし。ちょうど今度リスが出るウェールズが舞台の新作の映画の「フェンス」ってタイトルで和訳本あるみたいだし。
ついでに買おうかなー。
でもまだ原作「トレインスポッティング」も「ダンス・ダンス・ダンス(下)」も読んでないし・・・。

でも内容からして気になるなぁ、「Jの悲劇」
どうもおすぎの映画批評では満点だったみたいだけど。
内容が内容だからおすぎにも通じるところがあったのか、それとも本当に面白いのか。
映画の批評は脚本ミスっていう指摘が多いけど、予告編はシリアスで見るからに面白そうだし・・・。

ちなみに予告編はこちら
http://www.paramountclassics.com/enduringlove/large.html

日本版の字幕もあるけど、海外版のこっちの方が断然画像も綺麗だし、英語も聞き取りやすいんでだいたい言ってることはわかります。ていうかダニエル・グレイグがリスに「イカレてる(You mad)」って言ってるぐらいはわかります。(ぇ

うわーw楽しみ。
楽しみ過ぎてもうどうでも良くなってきた。

あ、というか私「Jの悲劇」のストーリー説明してなかったね(-_-;

rhys



原題:Enduring Love(イギリス)
上映時間:101分
監督:ロジャー・ミッチェル
出演:ダニエル・クレイグ(ジョー)、リス・エバンス(ジェッド)、サマンサ・モートン(クレア)、ビル・ナイ(ロビン)、スーザン・リンチ(レイチェル)、ヘレン・マックロリー(ローガン夫人)

ストーリー:大学教授のジョーは恋人である彫刻家のクレアとピクニックを楽しむ最中、少年が乗った気球が空から落ちてくるという事故に巻き込まれる。ジョーをはじめ、近くにいた何人かの男が少年を救おうとするが、突風でまた気球は空高く上がっていく。気球に飛び乗ろうとするが、どんどん高く舞い上がり、やがて一人また一人と手を離していく中、最後に残った男がかなり上空で手を離し、墜落死してしまう。この気球事故をきっかけに同じく少年を救おうとした男、ジェッドがこの事故でジョーとの間に愛が始まったと思い込み、ジョーの周りを執拗なまでにつきまとい始める。さらにジェッドの出現により恋人クレアと結婚の話まで進んでいたのに、徐々にその関係が崩壊し始めた・・・。


うわ、怖い。
でもこの手の怖さは好きなんだよね・・・。「リング」はパスだけど。

あー、どうなんでしょ?
とても気になる所なんだけど・・・。
2006.04.05 / 洋画 / 映画 / 映画 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。